itouj_0002_0343.jpgitouj_0002_0344.jpgitouj_0002_0345.jpgitouj_0002_0346.jpgitouj_0002_0347.jpgitouj_0002_0348.jpgitouj_0002_0349.jpgitouj_0002_0350.jpgitouj_0002_0351.jpgitouj_0002_0352.jpgitouj_0002_0353.jpgitouj_0002_0354.jpgitouj_0002_0355.jpgitouj_0002_0356.jpgitouj_0002_0357.jpgitouj_0002_0358.jpgitouj_0002_0359.jpgitouj_0002_0360.jpgitouj_0002_0361.jpgitouj_0002_0362.jpgitouj_0002_0363.jpgitouj_0002_0364.jpgitouj_0002_0365.jpgitouj_0002_0366.jpgitouj_0002_0367.jpgitouj_0002_0368.jpgitouj_0002_0369.jpgitouj_0002_0370.jpgitouj_0002_0371.jpgitouj_0002_0372.jpgitouj_0002_0373.jpgitouj_0002_0374.jpg

その他の作品

作者プロフィール

伊藤潤二

高校卒業後、歯科技工士の学校へ入学し、職を得るも、『月刊ハロウィン』(朝日ソノラマ)新人漫画賞「楳図かずお賞」の創設をきっかけに、楳図氏に読んでもらいたい一念で投稿。1986年、投稿作「富江」で佳作受賞。本作がデビュー作となり、代表作になる。3年後、歯科技工士を辞め、漫画家業に専念。「道のない街」「首吊り気球」「双一」シリーズ、「死びとの恋わずらい」などの名作を生みだしていく。1998年から『ビックコミックスピリッツ』(小学館)で「うずまき」の連載を開始。その後も「ギョ」や「潰談」など唯一無二の作品を発表し続け、2017年には漫画家生活30周年を迎えた。