Nemuki+9月号発売!!

2020/08/12

nem2009mini.jpg

梅雨もあけ、一気に夏の暑さがやってきましたが、皆さんお元気でしょうか。
夏の到来とともに8月12日、「Nemuki+」9月号が発売になりました。


巻頭カラーは大人気『伊集院月丸の残念な霊能稼業』
モテモテのたっくんが拾ったラブレターは実は冥婚の呪いだった!? ブスロリちゃんとたっくんが、ふたりで冥婚事件に挑むことになりますが、果たして吊り橋効果はふたりの仲を進展させるのでしょうか。冥婚をめぐる事件以上にふたりの進展が気になってしまいますよね。

伊藤潤二節全開でお送りする恐怖と奇想の玉手箱『幻怪地帯』がついに連載開始!!
第1話は「泣女坂」。旅行中に出会った奇習"泣き女"。それを見た時から、彼女の異変が始まり――。必見です!


さらに今号からは明治カナ子さんの新連載『サンマイ記-宝石の姫-』が開幕。
恐ろしくも美しい筆致で描かれる、魔導士とサンマイの冒険の旅をお楽しみに!


その他『百鬼夜行抄』『さきたま』『迷宮日和』など連載陣も絶好調!
「Nemuki+9月号」は全国書店のほか、なんとお近くの朝日新聞販売所でも購入可能!
やけに眠れぬ熱帯夜は、奇妙な物語でお楽しみください。


●掲載作品

「伊集院月丸の残念な霊能稼業」魚住かおる

「ぬえの絵師」猪川朱美

「サンマイ記」明治カナ子

「百鬼夜行抄」今市子

「居酒屋バイトのしばさん」カロ

「アデライトの花」TONO

「しましまえぶりでぃ」TONO

「迷宮日和」吉富昭仁

「魔女を守る。」槇えびし

「幻怪地帯」伊藤潤二

「直売所、行ってきます」松本英子

「さきたま」高山しのぶ

「星を釣ること。」篠原烏童

「毒姫の棺」三原ミツカズ

「ひよりの草子」吉岡味二番

「妖の運び屋」兎屋まめ


●Nemuki+ 2020年9月号

定価:本体600円+税

判型:A5変形

発売日:2020年8月12日

ご注文はこちら→amazonリンク

< 前の記事